一口馬主放浪記

本ブログの画像や情報は東京TC、ロードTO、ノルマンディーOC、グリーンF愛馬会、シルクHCの同意をえて掲載させていただいております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

府中牝馬のリヴェール

 府中牝馬特別のレッドリヴェールは、残念でした。

良かれと思って外に出そうとした戸崎騎手の判断自体は、ラチ5・6頭分外が伸びていた状況から間違ってはいなかったでしょう。
ただ、馬場の悪いところを気にしないリヴェールなら、あのまま内ラチで良かったのにとも思います。戸崎騎手も言っているように、今日は判断ミスというか、冴えていなかったのでしょう。勝負のアヤというやつですね。リヴェールも怪我をしたみたいですから、これからの情報に気をつけたいです。
 
 リヴェールの馬体重とか、皆、気にしすぎなんじゃないでしょうか。あと、主戦騎手を固定して欲しいです。リヴェールはもう一つギアを隠し持っています。新馬戦や、札幌2歳のように、一度伸びたあと、もう一伸びさせられる、リヴェールならここからもう一伸び出来ると信じて追える騎手を主戦に迎えて欲しいです。戸崎騎手はそこの信頼感がないから、外に出そうとしたように思えてなりませんから。
スポンサーサイト
別窓 | レッドリヴェール | コメント:0 | ∧top | under∨

シルクの一般募集

 14日から、シルクの一般募集が始まりました。
先行で抽選はずれたので、ゆっくり様子見しながらでも良いメンバーなんですが、シルクではこれで申し込みは終いにしようと思い、ポチリました。
 
 考えた末、来年の実績には何の役にも立たなさそうですが、面白そうな4頭にしました。ピンかパーの可能性もある仔ですが、14年産シルクのラインナップです。

 24 フォトジェニーの14
    クロフネ産駒の牡馬。スマートで柔らか味があって、芝、ダートどちらも行って大丈夫のように見えた。厩舎も初めてですが、悪い評判はあまり聞かないので、加藤先生にお任せで、楽しみます。

 40 スーパーバレリーナの14
    ハーツクライ産駒の牝馬。ウィンバリアシオンの全妹。左前を廻しているのは、ご愛敬で。バランスや馬体は良いと思う。スーパーバレリーナの仔が欲しかったのが、本音ですけど。吉田先生も初めてですが、よろしくお願いします。

 49 ジェシカの14 
    ファルブラヴ産駒の牡馬。初のファルブラヴ産駒に出資です。ファルブラヴの牡馬については、巷間、タマを取れとか、いろいろ言われていますが、この仔がどうかは分かりません。馬体は良く見えるので、あとは早く走れるかどうかだけ。兄弟も全然走っていないので、どうかな。小崎先生も初めてですが、この仔をよろしくお願いします。

 59 バプティスタの14
    カンパニー産駒の牝馬。こちらも初のカンパニー産駒に出資です。馬体やバランスは良いと思いますが、全兄は全然ダメでした。他の種牡馬で成功しているのに、またカンパニーを付けた意味が分からないけど、期待の表れとポジティブに考えます。中内田先生も初めてですが、一度お世話になりたい先生でしたので、楽しみです。

 
 以上、4頭に出資しました。ご一緒の方、少ないでしょうが、よろしくお願いします。
別窓 | シルク募集馬 | コメント:0 | ∧top | under∨

3歳馬の現状(ロード編)

 2年前に出資した現3歳馬の現状をスーパー未勝利戦が終わった今、振り返る企画です。最後にロード編です。

この年はロードに3頭出資しました。まず、タッチアスの12(ロードプレステージ)。この年のロードはこの仔が欲しくて申し込みを決めたと言っても過言ではありません。なかなか結果が出ずにやきもきしましたが、勝ち上がってくれました。昆厩舎は流石です。いろいろ試してこの仔が勝ち上がる道を探してくれました。レディサファイアの12(ロードヘラクレス)はダート狙いのクロフネ産駒。勝ち上がりが見えたところで、故障引退となりました。西園厩舎もたくさん使ってくれますが、ケアに問題があるかもしれません。順調に調教を積んでいる様子がホームページに載っていて、突然屈腱炎で引退ですから、初の故障引退と併せてショックは大きかったです。これも勉強になりました。3頭目はレディパステルの12(パルテノン)。スーパー未勝利でも勝ち上がれず、現在格上挑戦も含めて、今後を模索中です。レディパステルの仔は体質が弱いとは聞いていましたが、結局成長が普通より半年くらい遅いんですね。藤原先生にお任せするしかありません。ダービー馬とオークス馬の仔という配合も時間との戦いに負けてしまいました。

 12年産の仔は7頭中5頭が勝ち上がり、1頭が故障引退、1頭が現在未勝利のままという結果でした。11年産は4頭中2頭が未勝利で地方へ転出したので、それよりはマシかなというところです。
 13年産の仔たちは1年後には全頭勝ち上がっている報告をしたいものです。
別窓 | 出資馬の現状 | コメント:0 | ∧top | under∨

3歳馬の現状(東サラ・グリーン・シルク編)

 1歳馬の出資に頭を悩ませているところですが、2年前に出資した現3歳馬の現状を総括し、参考・反省して、新しい出資の指針にしたいと思い、書き残しておきます。第一弾は東サラからグリーン、シルクです。

 この年に東サラで申し込んだのは、マンダララの12(レッドマジュール)です。手塚先生のもと、クラシック路線には間に合いませんでしたが、無事に2勝しました。ちょうど、天栄で腰を捻ったという悪い知らせがあったところです。天栄は故障が多すぎるように思うが、気のせいでしょうか。今年もマンダララの14に第一希望で行きました。マジュールはまだ、回収はできませんが、順調に行けば、元は取れそうです。

 この年から、グリーンにも入会して、ステゴ産駒のアスピリンスノーの12(ジュヒョウ)とチチカステナンゴ大作戦の1頭としてミラクルロンドの12(カプリチオーソ)に出資。リヴェールと同じく、ジュヒョウは小さいけれど、丈夫にレースにコンスタントに出ています。多分に高野先生の方針によるところもありますが、一口馬主を楽しませてくれる良い仔です。相変わらず馬体は小振りで450キロくらいまで増えてくれたらいいなと思います。
カプリチオーソは単勝4800円の新馬勝ちのあと、500万クラスでは幼さを出して壁に当たっています。放牧先から、だいぶ気性も大人になったコメントが出ていますので、帰厩後の成長が楽しみです。チチカスの名を残せるくらいの活躍を今でも期待しています。薄い馬体の成長が古馬になって活躍できるかのカギを握っていると思っています。

 同じく、チチカステナンゴ大作戦の1頭としてピックアップしたのが、シルクのアーデルハイトの12(ラダームブランシェ)でシルクにも入会しました。欲しい仔がいて、この年は2つも新規クラブに入りました。アーデルハイトは名牝ビワハイジの仔でブエナビスタのすぐ下の妹になる良血です。父がチチカスの為、売れ残っていましたが、馬体も歩様も問題なしでこの仔の為だけにシルクに入るか、迷いました。問題視したのは、父がタキオンだからです。タキオンの血は脚元の弱い仔がでることがあって、競走能力が高ければ高いほどその故障に悩まされるという都市伝説を信じていたからです。このころは、丈夫というキーワードを甘く見ていた頃で、この仔だけは大丈夫と出資に踏み切りました。ゲート合格後、天栄で剥離骨折が判明。ノーザンファーム空港で骨片除去手術を受ける。完治後、この仔は芝向きとおっしゃっていた田島先生も足元を心配してデビューはダート戦を選択も惨敗。ダート適性がないということで、2戦目は芝を使いました。ダート戦とは見違える脚で差し切り勝ちを収めました。単勝7780円!特券で単・複2枚ずつ持っていて20万になったのを覚えています。しかし、好事魔が多し。レース中に再び剥離骨折。現在も北海道で療養中です。骨がまだ、弱い、湿っているようです。タキオンの伝説通りなら、この仔は相当走るのかも?これも勉強です。

 幸いにも、この3クラブの仔たちは皆勝ち上がりました。ディープやステゴは勝ち上がるのを前提に出資している部分があるので、ホッとしています。2頭のチチカステナンゴ産駒がどちらも勝ち上がってくれたのは、とても嬉しいことでした。

 次回はロード編です。

 
別窓 | 出資馬の現状 | コメント:0 | ∧top | under∨

シルクのドラフト結果

 シルクのドラフトの結果が出ました。

 シーズライクリオの14は残念ながら、はずれました。1頭しか申し込みませんでしたので、全滅です。
さて、どうしたものか?ゆっくり考えるとしても、シルクの実績制による決定には、実績のない自分にとって厳しい現実を突きつけられた気がします。これから実績を積むにも、自分のたとえば人気のある希望馬だけに申し込んでいては、永久に出資出来ないかもしれない訳で、実績を積むことには程遠くなってしまいますね。幸いにも、今回の希望馬で人気があったのはシーズライクリオだけだったのですが、2倍を切っていたのでなんとか大丈夫だろうとタカをくくっていました。今年は自分を信じて何頭か申し込もうと思いますが、抜本的な対策を取らないといけないと痛感しています。

 今週は東サラの2歳勢が揃い踏みです。
土曜日京都2レースにレッドヴェルサス。ディープ・キンカメ産駒にスィフトカレント産駒が挑みます。逃げのキンカメに差しのディープ、その合間で先行差しのヴェルサスがどれだけ頑張れるか。根性で凌いで欲しいです。
日曜日は同じ京都2レースにレッドウィズダム。ウィズダムには、ここで勝ち上がって欲しいところです。
 春に楽しみが残る競馬を期待です。

 
別窓 | シルク募集馬 | コメント:0 | ∧top | under∨

東サラの出資馬

 ダービー以来、長く更新をしていませんでした。
こちらで再開をした時がちょうどシルクの募集時期と重なったので、ずっとシルクネタでしたが、お休みの間に東サラの募集がありましたのでその結果を。

 今年の東サラは、第一希望マンダララの14、一般でエリモピクシーの14を申し込みました。

 マンダララは、2年連続になりますが、今年の14も良く見えました。もう、これ1頭で十分なので、第一希望で行きました。今年は預託厩舎が手塚先生から角居先生に変更になりましたが、どちらの厩舎も自分的には満足厩舎なので、迷わず申し込みました。

 エリモピクシーも良く見えました。自分にはここ2~3年で一番こなれた仔に見えました。顔がいい女に見えたのも気になった点です。年々値段が下がって来ていましたし、一度は出資したい名牝だと思っていましたが、いつも大人気ですからね。縁があればと一般で申し込みました。今年は1次で満口にならずに、無事出資できました。

 1次募集で申し込んだ2頭に無事出資できて満足なんですが、ピクシーの出資は嬉しい誤算でした。
ピクシーが外れたら、ステゴのどれかに行こうという計画でした。もしも、ピクシーに出資できたら、ステゴはシルクを見てから選ぼうと考えていました。東サラのステゴも候補として良い仔ですが、厩舎やらなんやらで、1次は様子見しましたから。
残念ながら、シルクのプチノワールを断念しましたので、シルクのステゴは出資できませんでした(1次募集でステゴ産駒は4頭とも満口でしょうから)。そして幸いにも東サラのステゴ産駒は、いまだに満口になっていません。きっと神様は「こっち!」って言っているんでしょう。そう信じて良く見てみようと考えています。
別窓 | 東サラの出資馬 | コメント:0 | ∧top | under∨

シルクの募集馬の余談とその後

 先ほど書類を整理していたら、一番最初に見たときのシルク募集馬のコメント表が出てきました。これ探していたんだよなぁ。

蛇足ながら、備忘録として、ここに残しておきます。このメモが無くなってしまったため、2度見る羽目になり、2度目と若干違うのでファーストインプレッションも残しておこうという訳です。
 
 出資候補として残したのは、11ゴールドティアラの14、36プチノワールの14、38クレバースプリントの14、52レースドールの14、56ジェイズミラクルの14の5頭でした。馬体と歩様だけで絞った候補です。38番と52番は勘弁厩舎とか、ダメジャーは基本的には出資しないとかの自分の出資ルールからすると、プチノワールとジェイズミラクルが残りますね。

 1次で申し込んだシーズライクリオの14には、大きく「左前?」と書いてあります。こりゃどういうことだと、確認してみたところ、確かにその嫌いはあります。厳しく見てたんだなぁ、最初は!

 さて、シルクでプチノワールの出資を見送ってしまったので、14年産ステゴがいません。東サラのステゴから、選ぼうと思います。
まだまだ、満口になっていませんから。もしかしたら、新クラブでの申し込みもあるかも。出来れば避けたいけど。

 14年産の予定は、グリーンで2頭、久しぶりにノルマンディーで2頭、申し込もうと思っています。あとはステゴ産駒を1~2頭、シルクは未定、ロードも未定です。

 
別窓 | シルク募集馬 | コメント:0 | ∧top | under∨

シルクの申し込み

 シルクの1次募集は悩みに悩んだ末、シーズライクリオの14だけにしました。

 最後まで悩んだのは、プチノワールの14についてでしたが、現在は骨瘤があっても競走能力に支障のない程度というところまでわかりました。一度は諦めましたが、須貝厩舎ならば、無理せず大きいところを狙える仔に育ててくれるんじゃないかと、出資に前向きに一瞬なりました。でも、現在、ショットガンニングが骨瘤で育成中にペースダウンを余儀なくされています。元々大きな仔でしたから、運動量をセーブしている現在570キロオーバーの巨体です。馬体重があるのは、申し込み時には良い材料ですが、骨の弱い仔には良い事ばかりではありません。ショットガンニングの場合は、申し込み後に発症したので仕方ありません。プチノワールの場合は、申し込み前で、まだ運動量も少ない時の骨瘤ということで、断念しました。出資は見送りましたが、無事に、後でリスクを冒しても行けば良かったと悔しがるくらい活躍をしてほしいです。

 結果として、候補の中で抽選になりそうな仔はシーズライクリオだけでしたので、1次で申し込みました。キンシャサ産駒がとれたら、満足です。あとは、ハーツクライ、クロフネ、ファルブラヴ、カンパニー産駒からリーズナブルな何頭かを申し込もうかなと思っています。

 兎も角、9日の発表を見てから、どうするかまた考えます。

 
別窓 | シルク募集馬 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 一口馬主放浪記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。